iPhone8以降の機種を修理する方はこちら

今年に入ってからでしょうか、iPhone8の画面交換いろいろと不具合があるようです。これはすべて格安のコピー画面だからです。

ApplePayに不具合が出ます

機能を利用している人は困る感じになります。
具体的には、モバイルSuicaやコンビニのICカードなどを読み取り機械にかざすと決済できるシステムです
画面の一部がプログラムなどに使用されているので対策されていない画面を使うと、アプリのバージョンアップによっては最悪機能が停止されます。
スマップルつくば店にも画面交換したら使えなくなったという相談があります。対策されていない画面を保証といって何度も交換しても改善はしません。アプリのアップデートを待つしかないでしょう。
地域柄遠方からのご来店が多いので、ApplePayをご利用の方は、対策画面を使用することを推奨します。
余談ですが、昔は汎用といわれるコピーパネルも忠実に作っていたのですが、昨今の格安合戦により製造元もいろいろと部品の省略があったのかなと思います。そうでないとコストカットできませんからね。

TrueToneの機能がなくなる

さらに衝撃!iPhone8以降の機種はTrueToneという機能があります。環境光ともいわれ、明るいところから暗いところに移動すると画面の明るさが変化します。写真を撮る時に、目標物と同じ明るさになるため違和感がなくなる感じがするとおもいます。
iPhoneの部品には一つ一つシリアル番号があります。新品の状態から一つでも変わってしまうと何かしら機能が使えなくなる現象が出ます。iPhone8以降はTrueToneが使えなくなるということがわかっています。画面と自撮りをするカメラにセンサーがあるのですが、これらが変わってしまうと機能がなくなります。
画面に対しては、読み取り+書き込みする機械があります。対策された画面では、IDコードを移すことにより機能を引き継ぐことができます。
カメラについては、道具がありませんので交換後は、表示はされているれけども機能がなくなります。

今後、iPhoneXなど、こうかんするとなくなる機能については、情報が入り次第掲載したいと思います。